パナソニックはGH6に8K動画を搭載したいと計画していることが噂され、3種類がラインナップされる見通しだそうです。

GH6 GH6V(廉価版)GH6X(ハイエンド)

8K撮影に必要な解像度は(横7,680ピクセル×縦4,320ピクセル)の映像を画素数で表すと、約3,300万画素となり、4Kの約800万画素と比べると約4倍となるので新型センサーが投入されることになります。

 

  • 8K動画(ほぼ確実に24pのみだ)
  • 8Kは6.5-7Kからの補完かもしれないが、真の8Kの可能性もあり、これはセンサーのバージョンに依存する。
  • 焦点を合わせるのは、高フレームレートの改善になるだろう。
  • AFは若干速くなるが現行機と同レベル。
  • 1600 x 1200 の解像度の有機ELのEVFが採用される。
  • GH6は、AIとクラウド機能(毎月で課金される)が搭載される最初のカメラになる可能性がある。
  • V-LOGのライセンスは有料になる。
  • 価格はGH5よりも上がるが、8Kやその他の機能を無効にしたGH6V(バリューエディション)も用意される。無効化された機能は後から有料で追加できる。
  • GHのラインナップは、発表から1年後にはGH6V、GH6、GH6X(トップモデルでG9とGH5Sを融合したようなもの)の3機種になる。
  • GH6の最初の機種の発表時期は、2018年のフォトキナか2019年春のフォトキナ、またはCP+あたりになる。

 

パナソニックは、おそらく唯一の24pで、8Kのサポートを追加したいです
M43センサーはGH6プレゼンテーション時に最初に存在することができ、1〜2年のために排他的になります
8K支持体(周り6.5-7Kから)補間することができるが、真8Kすることができ、ソニーは、選択したセンサのバージョンに依存
次の焦点は、高いフレームレートを向上します
AFはちょうどより多くのオプションで、わずかに速く、同じレベルに保たれます
-このEVF使用しますhttps://www.personal-view.com/talks/discussion/19797/meet-first-gh6-part-1600x1200-resolution-oled-evf#Item_1を
GH6は、毎月のコストでAIとクラウドベースの機能を備えた最初のカメラすることができ
その他の機能としては、V-LOGライセンスと同様に、永続的に有効になりますが、支払いが可能とすることができます
パナソニックはまた、大きな為替変動を考慮して欲しいです
だから、価格はGH5に比べて上昇しますが、それはGH6V(値版)8Kや他の機能とは、あなたが後で買うことができることを無効にすることができます
GHのラインナップは、導入の1年後、3台のカメラになります - GH6V、GH6とGH6X(トップ1、G9とGH5Sのミックスと同様)
まずアナウンスラウンドはフォトキナ2018になり、春のフォトキナ2019またはCPは++の時間をリリースされます

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事