ranys / Pixabay

体内の亜鉛が欠乏しないように、サプリメントを普段から使っている人は多いようです。亜鉛は不足しやすいミネラルですが、特に加工食品やファストフードなどをよく食べている人は、不足しやすいと言われています。

日頃からたばこを嗜む人や、飲酒の機会が多い人は、体内の解毒作用に多くの亜鉛を使うので、亜鉛の摂取量を増やすことがおすすめです。亜鉛サプリメントについて知っておくと、飲む時に役に立つ情報がいくつかあります。

体内に取り入れた亜鉛を吸収しにくくする成分に、リンやシュウ酸などがあります。レトルト食などの加工品にはリンが、葉物野菜にはシュウ酸が、未精製の穀物にはフィチン酸が多く存在するため気をつけましょう。亜鉛が体内に吸収しやすくするには、リン、フィチン酸、シュウ酸と一緒に摂取しないことです。

反対に亜鉛と一緒に摂取をすると吸収がよくなるのはビタミンCなので、生野菜や果物などビタミンCを含む食事と一緒にサプリメントを飲むと吸収を助けてくれます。サプリメントに含まれている亜鉛が効率的に体内に取り込まれるようにビタミンCのサプリメントを一緒に飲んだり、亜鉛とビタミンCがどちらも入っているサプリメントを使う人もいます。

大量の亜鉛を摂取しても、毒性が少ない成分であることから、身体への悪影響は少なく済むといいます。正しい飲み方をしていれば問題はありませんが、長期的に大量の亜鉛を服用していると、銅の吸収が阻害され、貧血気味になったり、神経に問題を来したりします。気軽に使えるサプリメントは、度を超して飲んでしまうこともあるので、説明書きの内容はきちんと守りましょう。

 

話題沸騰 テレビCM放送中!【のむシリカ】

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事