Kjerstin_Michaela / Pixabay

肌の悩みは人それぞれですが、にきび肌で悩む人はどの年代にもいます。

肌ににきびが増えるのは、毛穴が皮脂汚れなどで目詰まりを起こし、アクネ菌の増加を引き起こすからです。毛穴に炎症をおこして化膿してしまい、赤くポツポツのにきびが発生してしまう場合や、ホルモンバランスの崩れによってできてしまう場合の大人にきびなど、さまざまなパターンが考えられます。

にきびは薬を使っていても、なぜか繰り返してしまうものです。体質を改善したり、毎日のスキンケアを行うことで、肌のコンディションを改善することが肝心です。

毛穴に汚れが詰まらないように、また、皮膚に汚れがこびりつかないようにするには、洗顔によるスキンケアが大切です。

毛穴に入り込んだ汚れを除去するために、肌に優しく、汚れがよく落ちる洗顔をすることで、健康的で清潔なお肌であり続けることができます。

洗顔時に心がけるべきことは、肌を洗うための泡をまずつくることです。手のひらの上で大きく泡をつくる必要があります。その泡をお肌に乗せてゆっくりと泡のうえから指先でくるくるとマッサージしていくようにします。この洗顔によって、毛穴の奥の方まで細かい泡が行き渡るので、そのまま泡が毛穴の皮脂汚れを浮き上がらせて泡で包み込んで毛穴から外に洗い流すことができるのです。

いつまでも毛穴の奥に留まっていた皮脂汚れがなくなれば、それだけでにきびができる要因を取り除けるでしょう。洗顔時に皮膚をこすると、肌が傷んで乾燥しやすくなったり、毛穴が刺激されて皮脂がよりつくられやすくなりますので、優しい洗顔を心がけましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事