キヤノンのASC(エア・スフィア・コーティング)とフッ素コーティングを融合させた新しいコーティングの特許が紹介されています。
この特許は、レンズのフレアとゴーストを大きく抑えると同時に、前玉のクリーニングをしやすくし、前玉を綺麗な状態に保つために役立つそうです。
ASCは既に100-400mm L II に採用されており、フッ素コーティングは、多くのキヤノンのLレンズに採用されています。
写りがよく、より管理しやすくなるのは大歓迎ですね。

この特許出願において、我々は、キヤノンは、レンズに利益をもたらすと同時に、前部要素を清掃し、清潔に保ちを支援しながら、フレアやゴーストのより大きな制御を可能にする一つのコーティングを形成するために、2つのコーティングを組み合わせて参照してください。 ASCまたはエアスフィアコーティングは、キヤノン100-400L IIがリリースされて以来の周りされており、フッ素コーティングは、これまでのキヤノンのLレンズの多くで実施されています。 粒子間の隙間を利用して低屈折率層は、油状物が浸透し、膜中の粒子間の空隙に拡散する問題があります。本発明者は、視覚的に汚れの付着および低屈折率層における粒子間拡散の汚染物質の付着によって生成された低分子量油状物の時点で認識されていない汚染が減少することを見出しました屈折率は、視認できる程度に外観が悪化してしまいます。 私は未来の日時にキヤノンのハイエンドのLレンズの一部に実装され、この技術を見ても驚かないだろう。 米国特許出願20180148603

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事