ソニーα7sⅢは間違いなく発表されるが、ソニー内部でも極秘事項になっているようです。

ソニーの欧州地区セールスマネージャのインタビューによると

性能については、これまでと同じ "アイデンティティー(低解像度センサーと極限の低照度性能)" を維持している模様

また、10bit4Kは消費電力が大きすぎるため採用できない模様

 

エマニュエルPampuri氏ピサーノ、ソニー・ヨーロッパのためのセールスマネージャーと彼のフランス人のインタビューを掲載しました。ハイライトのカップル: - FsのシリーズはA7シリーズの成功(プロ市場の30%)に苦しむSは -これは多くの電力を消費する必要があるので、彼らは、10ビットFS5IIで4Kを実装することはできません、それはマーケティングの選択ではありません。 - 10ビット4kが次のFS生成のためになりますR A7sIIIは「多分」すぐに来ているが、それも内部ソニーのチームで、最もヒデ秘密です- - A7sIIIは同じ「アイデンティティ」を維持します:低解像度のセンサーと低極端に光機能を提供します。Usuable高いISOオーバーサンプリングよりも重要です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事