キヤノンの新マウントが紹介されています。

このマウントがフルサイズミラーレス用のマウントなのかどうかは分からないが、電子接点がEFともEF-Mとも異なっている事だけは事実のようです。

 

キヤノンは、ILCマウントのシリアル通信を扱う特許を申請しました。このマウントはEFマウントともEF-Mマウントに類似性を負担するが、どちらもマウントです。 言葉遣いは厄介かもしれないが、一見、このマウントは新しいマウントと古いマウント形式の両方の複数のレンズを扱うことができることを示唆しています。キヤノンは、ハイブリッドマウントおそらく用いた実装EF-MとEFのフルフレームミラーレスを見ているかのようにマウントを見ることで推測すると、マウント自体に対するセンサーの大きさを見て、それが表示されるのですか? 従来、クロック同期方式のシリアル通信(同期式シリアル通信)は、カメラと交換レンズの通信方式として採用されています。以下の技術的内容は、同期シリアル通信が交換レンズ古いタイプも通信可能な第一の通信速度で行われる、特許文献1。第1に開示されています。それが備えられた交換レンズが通信内容によって新しいレンズと区別される場合、それは、より近い高速第二の通信速度に同期シリアル通信に変化します。 これは新しい今後のキヤノンフルフレームミラーレス用のマウントのヒントだろうか?おそらく。あなたの考えは何ですか?私はそれらを聞いてみたいです。 日本特許出願2018-084713

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事