オリンパスがフォトダイオード積層構造のマルチバンドCMOS撮像センサーを開発した。

このセンサーは、RGBと近赤外線の異なる2つの映像を同時に捉えることができる2層のフォトダイオードから成っているらしく、どのように使用されるのか注目です。

新しいオリンパス紙は「の詳細を開示マルチ階建てのフォトダイオード構造を持つマルチバンドイメージングCMOSイメージセンサーを「: 「我々は2つのフォトダイオード(PD)アレイキャプチャ2枚の異なる画像、可視、赤、緑、青(RGB)及び近赤外(NIR)を含む多階フォトダイオード構造とマルチバンド撮像CMOSイメージセンサ(CIS)を開発しました同時に画像。センサーは、ベイヤーフィルタまたは不可視NIR画像に撮影した従来の可視RGB画像に限定されるものではなく、マルチバンド画像の多種多様をキャプチャすることを可能。2つのPDアレイ間の配線層は、底部PDアレイ上の材料および厚さを変更することによって、光学的に最適化された効果を有することができます。底部PDへの入射光の角度は、配線及びボンディング層の厚さ及び構造に依存し、構造が光学フィルタとして作用することができます。広い範囲の感度と最適化された光学フィルタ構造は、付加的な光学部品なしで同一の画素アレイのうちのIRの指定画素ずに可視RGB画像に加えて、光の波の特定バンドの画像を作成するために、私たちを可能にします。当社のセンサーは、マルチバンド画像の多種多様をキャプチャするの封筒をプッシュします。」 こうした技術は、将来のオリンパスのカメラで使用される場合には、それらの書類といつものように...私たちは知りません。それはオリンパスが独自のセンサー技術の開発に取り組んでいる示しています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事