キヤノンは、DOレンズの色収差を更に低減させる技術の特許を出願したようです。

このレンズは屈折樹脂素材を使った回折光学素子の製造方法だそうで、レンズを物理的に小さく出来る技術だそうです。

この特許では、キヤノンは、それに取り付けられた屈折率樹脂成分と回折光学素子は、さらに、色収差を低減する方法をメーカー説明します。 キヤノンはニコンのように、彼らはレンズが物理的に小さくするために、この技術を進めていることを示し、DO光学系と要素で作業を続けています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事