キヤノンが有機センサーの特許を出願したようです。

有機性能では、これまでのセンサーではほとんど不可能なダイナミックレンジと高感度性能の改善が見込まれるようです。

既にパナソニックと富士フイルムが有機センサーを共同開発していています。

 

キヤノンは、この1つは、もう少し詳細になり、有機光電気素子を研究し続け、前に特許出願よりも、より多くのように実際のセンサについて説明します。明らかにキヤノンは、それが有機センサーの研究開発だ、と私はキヤノンが、実際にそのようなセンサの開発発表を行いますときに興味を持つに沿って進んでいます。今のところ、我々が持っているすべては、このようなセンサの一般的な研究です。 これは、センサをヒットする「次の大きなもの」だろうか?かもしれない。当社は、パナソニックと富士は、有機センサーに共同で取り組んでいたことを知っていると公共年前に一般にセンサーの試作品を発表しました。従来のフォトダイオードセンサとほぼ不可能であるダイナミックレンジ、効率及び感度の向上を約束します。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事