キヤノンの新しい動画志向の強いレンズ交換式カメラを発表するのではないかと噂されている。

このカメラは、スチルカメラのEOS とCinema EOS との間のギャップを埋める為のもになるのではないかと予想される。

現在発売中のCinema EOS はEOS C100 Mark IIで約40万円で、これより安い価格帯での発表なる事が予想され、GH5Sやα7SⅢあたりと競合すると見られる。

もしかしたら、フルサイズミラーレスカメラの延長線上にあるのかもしれないですね。

楽しみです。

これまでキヤノンEOS-1D C以来、チャタリングと別の「C」と表示されたデジタル一眼レフを見たいという願望の多くがありました。EOS-1D Cは、非常に類似したEOS-1D Xの2倍以上の価格で、かなり高価だったし、それが重い割引を見ただけでなくまで、そのすべてを販売していませんでした。 私たちは、カメラの新しい映画ILCシリーズはおそらくソースは製品をリリースに関する最終決定はまだなされていないと主張し、依然として存在していることを2018年末までに来ていることは非常に不可解なやり方で、再び言われていますそれは棚上げされます可能性。 ソースは、スチルカメラやシネマEOSカメラEOS C100マークIIの交換が道であり、EOSのC200であることを彼らの兆候は、エントリレベルシネマEOSカメラになることができなかったことを、この新しいフォームファクタILCは、EOSの間のギャップを埋めるになることに注意しました。 これは、すべての非常に興味深いです、そして我々はそれをすべての背後にあるいくつかの妥当性があると思います。そのため、我々は慎重ながらも楽観残るでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事