パナソニックの新ファームは、多くの新機能の追加に加えて、AFやボディ内手ブレ補正などの改善も含まれている大きなアップデートです。

GH5 動画撮影時のAFがどこまで改善するか期待ですね。

DC-GH5ファームウェアバージョン2.3、DC-G9ファームウェアバージョン1.1、DC-GH5Sファームウェアバージョン1.1 パナソニック株式会社は、デジタル一眼カメラ LUMIX DC-GH5、DC-G9、DC-GH5Sにおいて、「L.モノクロームD」「粒状」モードを新たに追加、更に操作性など機能追加・向上に対応したファームウェアのダウンロードサービスを2018年5月30日(水)より開始します。

当社は、写真愛好家やカメラ愛好家の方々をはじめ、本格的な映像作品撮りを楽しみたい動画クリエイターの方々にもご愛顧いただけるカメラとして、DC-GH5、DC-G9、DC-GH5Sをハイエンド機のラインナップとして順次発売してまいりました。以来、ハイエンド・ハイブリッドミラーレス一眼のDC-GH5、更に高感度画質性能が高いDC-GH5S、そして、LUMIX史上最高画質で6.5段ボディ内手ブレ補正を搭載した静止画ハイエンドミラーレス一眼のDC-G9は、高品位な写真画質や本格的な動画撮影機能、空間認識AF、高い操作性・機動性など、多くの方々よりご好評をいただいております。

この度、更に快適な撮影をお楽しみいただけるよう3機種それぞれのファームウェアをご用意させていただきました。3機種ともに、フィルムライクな質感を表現できる「L.モノクロームD」「粒状」モードを新たに搭載しました。更にDC-GH5、DC-GH5Sでは「オートフォーカス性能の向上」「音声性能の向上」他、DC-G9では「ハイレゾモードの強化」「オートフォーカス性能の向上」他、様々な操作機能向上により、より快適な撮影が可能になりました。

本ファームウェアは、2018年5月30日(水)より、下記サポートサイトからダウンロードすることができます。

【GH5 ファームウェアVer.2.3】
【G9 ファームウェアVer.1.1】
【GH5S ファームウェアVer.1.1】 http://panasonic.jp/support/dsc/
【LUMIX Tether Ver.1.3】
【Panasonic Image App】
【PHOTOfunSTUDIO 10.0 XE】
【PHOTOfunSTUDIO 10.0 PE】 http://panasonic.jp/support/dsc/

■GH5 ファームウェアVer.2.3について
【1】追加の新機能紹介
●味わい深いフィルムの表現を追求したフォトスタイル「L.モノクロームD」を搭載 GX7MarkIIIに搭載し、ご好評いただいている新フォトスタイル「L.モノクロームD」を搭載しました。ハイライトとシャドウを強調し、絶妙にディテールを残した、味わい深いモノクローム写真を撮影することができます。(図1)
●アナログライクなフィルムの質感を表現できる「粒状」モードを搭載 モノクロフィルム写真の質感を表現する「粒状」モードを、フォトスタイルの画質調整に搭載しました。アナログライクなランダムノイズを再現し、モノクローム写真に新たなアクセントを加えることができます。粒状感の強弱は3段階から選択でき、好みや世界観に合わせたモノクロ写真に仕上げることができます。(図2) ※「モノクローム」「L.モノクローム」「L.モノクロームD」で調整することができます。

【2】その他、追加の新機能紹介
●カスタムメニューに、フォーカスリング操作を無効にしてピント位置を固定する、「フォーカスリングロック」機能を追加しました。
●WB/ISO/露出補正ボタンを「押している間」設定変更できる機能を追加しました。カスタムメニューから選択できます。
●カスタムメニューの「操作ロック設定」に、「ダイヤル」を追加しました。
●暗所での撮影時に、モニターに表示する被写体を確認しやすくする「ライブビューブースト」を追加しました。
●「マニュアルフォーカスアシスト」の拡大倍率を最大20倍にアップしました。
●暗所での撮影時に、画面のまぶしさによって周囲が見えにくくなることを軽減する「ナイトモード」を追加しました。
●セットアップメニューに、電源表示ランプ、WIRELESS接続ランプを消灯できるメニューを追加しました。

【3】主な性能改善、使用性の向上
●オートフォーカス性能の向上 ・動画記録中のAF追従性能を向上させました。 ・シャッター速度を角度表示で使用する際、180°設定時のAF速度を改善しました。
●ボディ内手ブレ補正性能の改善 ・当社製広角ズームレンズ(H-F007014, H-E08018)を使用して動画の歩き撮りを行う際に、周辺が歪むことがある現象を改善しました。(※1)
●音声性能の向上 ・内部参照マイクのノイズ低減性能を最適化し、音声品質を向上させました。 ※1:電子手ブレ補正 補正ON時。 【上記以外の主な性能改善】
●撮影時のFnボタン設定に、設定できる機能を追加しました。 「フォーカスリングロック」「電子補正(動画)」「マイクレベル表示」「ライブビューブースト」「ナイトモード」「L.モノクロームD」
●RAW現像機能を使用中に、連写などグループ表示の中から画像を選択できるようにしました。
●WB設定中の画面に、ベクトルスコープを表示できるようにしました。
●Panasonic Image App と Bluetooth接続中に、スリープモードから復帰する時間を短縮しました。セットアップメニューで、あらかじめ優先したいPanasonic Image App機能を選択することで、復帰動作を短くすることができます。
●静止画撮影モードで、フォトスタイルの「709ライク」「V-LogL(※2)」、および、「V-LogLビューアシスト(※2)」を使用できるようにしました。
●再生モードで、「LUTモニター表示(※2)」「LUT HDMI表示(※2)」を使用できるようにしました。
●再生時のFnボタン設定に、「LUTモニター表示(※2)」「LUT HDMI表示(※2)」「ナイトモード」を追加しました。
●バッテリー残量表示アイコンを4マス表示に変更しました。1マスあたり約25%を示します。 ※2:別売アップグレードソフトウェアキー(DMW-SFU1)が必要です。
<関連リンク> ▼LUMIX GH5 http://panasonic.jp/dc/g_series/gh5/ ■G9 ファームウェアVer.1.1について 【1】追加の新機能紹介 ●味わい深いフィルムの表現を追求したフォトスタイル「L.モノクロームD」を搭載 GX7MarkIIIに搭載し、ご好評いただいている新フォトスタイル「L.モノクロームD」を搭載しました。ハイライトとシャドウを強調し、絶妙にディテールを残した、味わい深いモノクローム写真を撮影することができます。(図1) ●アナログライクなフィルムの質感を表現できる「粒状」モードを搭載 モノクロフィルム写真の質感を表現する「粒状」モードを、フォトスタイルの画質調整に搭載しました。アナログライクなランダムノイズを再現し、モノクローム写真に新たなアクセントを加えることができます。粒状感の強弱は3段階から選択でき、好みや世界観に合わせたモノクロ写真に仕上げることができます。(図2) ※「モノクローム」「L.モノクローム」「L.モノクロームD」で調整することができます。 【2】その他、追加の新機能紹介 ●カスタムメニューに、フォーカスリング操作を無効にしてピント位置を固定する、「フォーカスリングロック」機能を追加しました。 ●WB/ISO/露出補正ボタンを「押している間」設定変更できる機能を追加しました。カスタムメニューから選択できます。 ●カスタムメニューの「操作ロック設定」に、「ダイヤル」を追加しました。 ●暗所での撮影時に、モニターに表示する被写体を確認しやすくする「ライブビューブースト」を追加しました。 ●「マニュアルフォーカスアシスト」の拡大倍率を最大20倍にアップしました。 【3】主な性能改善、使用性の向上 ●オートフォーカス性能の向上 ・動画記録中のAF追従性能を向上させました。 ●ボディ内手ブレ補正性能の改善 ・当社製広角ズームレンズ(H-F007014, H-E08018)を使用して動画の歩き撮りを行う際に、周辺が歪むことがある現象を改善しました。(※3) ●音声性能の向上 ・内部参照マイクのノイズ低減性能を最適化し、音声品質を向上させました。 ●ハイレゾモードの改善 ・ハイレゾモードの動き補正性能を向上させました。 ・ハイレゾモード撮影時の絞り値をF11まで絞れるようにしました。 ※3:電子手ブレ補正 補正ON時。 【上記以外の主な性能改善】 ●撮影時のFnボタン設定に、設定できる機能を追加しました。 「フォーカスリングロック」「電子補正(動画)」「マイクレベル表示」「ライブビューブースト」「L.モノクロームD」 ●RAW現像機能を使用中に、連写などグループ表示の中から画像を選択できるようにしました。 ●Panasonic Image App と Bluetooth接続中に、スリープモードから復帰する時間を短縮しました。セットアップメニューで、あらかじめ優先したいPanasonic Image App機能を選択することで、復帰動作を短くすることができます。 <関連リンク> ▼LUMIX G9 PRO https://panasonic.jp/dc/g_series/products/g9pro.html ■GH5S ファームウェアVer.1.1について 【1】追加の新機能紹介 ●味わい深いフィルムの表現を追求したフォトスタイル「L.モノクロームD」を搭載 GX7MarkIIIに搭載し、ご好評いただいている新フォトスタイル「L.モノクロームD」を搭載しました。ハイライトとシャドウを強調し、絶妙にディテールを残した、味わい深いモノクローム写真を撮影することができます。(図1) ●アナログライクなフィルムの質感を表現できる「粒状」モードを搭載 モノクロフィルム写真の質感を表現する「粒状」モードを、フォトスタイルの画質調整に搭載しました。アナログライクなランダムノイズを再現し、モノクローム写真に新たなアクセントを加えることができます。粒状感の強弱は3段階から選択でき、好みや世界観に合わせたモノクロ写真に仕上げることができます。(図2) ※「モノクローム」「L.モノクローム」「L.モノクロームD」で調整することができます。 【2】その他、追加の新機能紹介 ●カスタムメニューに、フォーカスリング操作を無効にしてピント位置を固定する、「フォーカスリングロック」機能を追加しました。 ●WB/ISO/露出補正ボタンを「押している間」設定変更できる機能を追加しました。カスタムメニューから選択できます。 ●カスタムメニューの「操作ロック設定」に、「ダイヤル」を追加しました。 【3】主な性能改善、使用性の向上 ●オートフォーカス性能の向上 ・低照度環境や低コントラスト環境下での、AF性能を向上させました。 ・シャッター速度を角度表示で使用する際、180°設定時のAF速度を改善しました。 ●音声性能の向上  ・内部参照マイクのノイズ低減性能を最適化し、音声品質を向上させました。 【上記以外の主な性能改善】 ●撮影時のFnボタン設定に、設定できる機能を追加しました。 「フォーカスリングロック」「電子補正(動画)」「録音レベル表示」「L.モノクロームD」 ●RAW現像機能を使用中に、連写などグループ表示の中から画像を選択できるようにしました。 ●WB設定中の画面に、ベクトルスコープを表示できるようにしました。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事