OpenClipart-Vectors / Pixabay

多くの人がエアコンクリーニング後の水の汚れに驚いています。

内部の汚れが空気となって部屋中に広がっていたと想像するだけで、のどが痛くなる感じでしょう。

エアコンクリーニングの方法はいくつかありますが、基本的には吹き出す空気をきれいにすることです。

どこまできれいにできるかが方法によって異なります。

表面から見えるところだけでも、直接の吹き出し口ですから、かなり違うはずです。

内部のフィン部分まで埃を取れば、1年分以上の汚れになるでしょう。

最高の方法は本体をばらして、隅々まで汚れを取り除くことです。

pisauikan / Pixabay

業者に依頼すれば、それぞれの方法によって金額が違いますが、その分だけのメリットがあると考えていいでしょう。

フィンの汚れがなくなることで、熱交換効率が高くなります。

結果として電気代の節約につながるでしょう。

内部の汚れを取り除くことは素人では無理な部分があります。

そのため、専門業者に依頼した方がメリットは大きいと考えられます。

もちろん、費用はかかりますが、1万円程度ですから、綺麗になったエアコンの風は金額には変えられません。

 

エアコンクリーニングの効果

掃除をすればきれいになって、すっきりします。

それと同じようにエアコンクリーニングは吹き出す空気がきれいになると思っているでしょう。

しかし、エアコンの内部で空気はいろいろなところを通っていますから、そのすべての汚れを取り除かなければきれいになりません。

ただ、目に見える部分だけの汚れを取っても大きな効果は期待できないでしょう。

もちろん、少しでも汚れを取れば、その分だけはきれいになります。

100%の埃が80%50%になっているかもしれません。

しかし、少し埃が減っても臭いは残っていますから、効果を体感できないはずです。

エアコンクリーニングをやるなら徹底的にやりましょう。

もちろん、自分でやるだけであれば限界があります。

専門業者に依頼することをおすすめします。

インターネットで検索すると業者のホームページに方法が掲載されています。

具体的に書かれていますから、真似をしようとすればできないことはないと思う人もいるでしょう。

しかし、思ったほど簡単ではありませんし、作業後は筋肉痛となってしまうはずです。

1万円弱でこれだけの作業をやってもらえるのであれば、お金を出してもいいと思う人が多いでしょう。

エアコンクリーニングの効果を考えた時に、自分でやるべきか専門業者に依頼するかで悩んでいるなら、まずは自分でやってみることをおすすめします。

スムーズにできたなら、毎年やればいいだけです。

途中で嫌になったら、専門業者に依頼すればいいでしょう。

どのような方法でやるかを知るだけでも有益なことです。

エアコンクリーニングの効果はきれいな空気と電気代です。

geralt / Pixabay

それは誰もが認めるところでしょう。

重要なのは、その費用対効果です。

お金を出してもいいと思える効果であれば、誰もが依頼しているはずです。

ただ、依頼したことがない人は汚れた空気でも気にならないのでしょう。

また、電気代が毎月いくらなのかを気にしていないなら、電気代が下がってもわかりません。

 

ハウスクリーニング

エアコンクリーニングで部屋の空気がきれいになるのは間違いないですが、その後は他の部分が気になってきます。

浴室や台所、換気扇、冷蔵後の裏など埃が溜まりやすいところがたくさんあります。

すべてを請け負ってくれる業者への依頼を検討してみてはどうでしょうか。

いろいろな業者がやっています。

埃を取り除く基本的な方法はエアコンでも換気扇でも同じです。

空気が当たる部分や上から落ちてくる部分には必ず埃が溜まります。

それをどうやって効率的にきれいにするかが重要なポイントです。

そのために使う道具や洗剤などは業者によって異なりますが、それが大きなポイントなのでしょう。

業者に依頼した時には、横で作業を見せてもらいましょう。

どのようにすれば効率よく作業ができるかを調べるのです。

この次からは自分で挑戦してみてください。

 

自分でクリーニングする場合の注意点

 

エアコンクリーニングで注意することは何でしょうか。

たいていのことは気にしなくていいのですが、一つだけ重要なことがあります。

それは内部の基盤に水をかけないことです。

基盤とは電子回路が実装されたエアコンの頭脳部分です。

エアコンは屋外に設置するわけではありませんから、水がかかることを想定していません。

水がかかるとひとたまりもないでしょう。

エアコンクリーニングの方法を説明しているサイトなどをチェックしてみると、そのことが書かれています。

自分でエアコンクリーニングをすれば、費用を安く抑えられると思っている人が多いでしょうが、基板が壊れてしまうと修理費用はエアコンクリーニング費用よりも高くなります。

具体的にどのような方法を取れば、基盤を濡らさずに済むかを確認しておくことをおすすめします。

もちろん、カバーを外さずに見える部分だけを歯ブラシなどで擦るだけなら、基板には届きませんから、気にせずに汚れを落としてください。

夏場は毎日使用するエアコンですが、クリーニングの方法を確実に行なっておくことで、効率がよくなり、電気代を節約することができると考えられています。

プロの業者にエアコンクリーニングを依頼すると、シンプルなエアコンの方が安く済みます。

簡単にカバーを外して、掃除がしやすいからです。

自浄機能はエアコンクリーニングには邪魔になってしまうのでしょう。

方法を少し考えてみてはどうでしょうか。

毎日使用していますが、自浄機能も毎日動作しています。

埃はどこに溜まっているのでしょうか。

エアコンクリーニングでできることは限定的ですが、完全にばらすことができれば、購入した時のようにきれいになるはずです。

プラスチックは汚れを取ることできれいになるからです。

鉄であれば錆びてしまいますから、修復は難しいでしょう。

クリーニングができることで、いろいろな効果が期待できます。

自分でやるか業者に依頼してみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事