箱を開けては「可愛いから食べられなーい!パクッ!」と最終的には口にするのだけど、一瞬ためらってしまうのがこの名菓ひよ子です。

ひよ子は定番のお菓子ではありますが、その歴史もとても長くさかのぼること大正になります!

お菓子作りで栄えた筑豊飯塚の地でひよ子は誕生しました!

店主の石坂茂は大人にも子供にも愛されるお菓子を作ろうと意気込んでいたところ夢の中で「ひよ子饅頭」が現れ形にしたのでがひよ子でした。

飯塚は元は炭鉱で有名な地、そこで働く大勢の人々はエネルギー補給に甘いものを好んで食べました。

その時も大活躍し、東京や大阪でも取引が頻繁に行われ手土産にも好評でたくさんの方に愛され今でも不動の人気ものです。

姿の愛らしさ、上品さ、作るものたちに熱意が全て詰まったお菓子はやがて昭和32年に福岡へ進出、その後もっと手を広げ東京オリンピックに合わせ昭和39年に東京で拠点を持つことに成功したのです。

今では饅頭のひよ子以外にもひよ子シリーズは登場し、縁起物の紅白ひよ子、博多ひよ子サブレー、ひよこれいとなど名前をもじった可愛らしい商品がたくさん店舗やオンラインショップで購入できます!

今年は創業120周年の記念としてひよ子ちっこいタルトも発売!

記念商品として復刻版で登場しました!

味はチョコとチーズの2種類でこれまた見た目が可愛く気軽に手に取りやすいスイーツです。

是非ともお試しあれ!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事