TowerJazzが一眼レフ用の積層型BSIセンサーの投入を明言しているようです。

予想されているのはニコンのフルサイズミラーレス?

ニコンD850のセンサーはTowerJazz製だという推測されていますから、この噂が出てくるのも理解できます。

ユーザーはニコンのフルサイズミラーレスカメラの一刻も早い登場を期待しています。

 

ここでは2018年の収益は、同社の幹部がファウンドリのイメージセンサー事業および「との継続的な関係について再び語る転写呼び出すTowerJazz社のQ1からの引用である主要なデジタル一眼レフカメラのサプライヤは、」: 「私達は一流のデジタル一眼レフカメラサプライヤーとの我々の計画に基づいて動いていると我々はこの市場のために積み重ねられ裏面照射型ウェーハを含む第2の、より野心的なプロジェクトとして、まもなく開始します。これは、ハイエンドのための主要なファウンドリとして私たちを配置していきます写真のアプリケーション。これらのすべてのエキサイティングなアクティビティは、ハイエンド・アプリケーション用のCMOSセンサーの世界的リーディングプロバイダーとして着実な大容量、高マージンの生産に今後2〜3年で果物を負担します。」 そこ過去にいくつかの憶測されているニコンD850内のセンサーがTowerJazz社によって製造されているが、これは確認されませんでした。TowerJazz社は、グローバルシャッターでの新しいフルフレームセンサーに取り組んでいる(TowerJazz社はニコンとキヤノンやリコー/ペンタックスと協力していない限り)今後のニコンのミラーレスカメラにリンクすることができます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事