富士フイルムのカメラに関する情報を入手しました。

 

  • X-T100が第1四半期に登場する。新しいXC15-45mmキットレンズが同梱される。出荷は6月。
  • レンジファインダースタイルのレンズ交換式中判ミラーレスカメラGFX 50R がフォトキナ2018で登場する。価格は4000から4500ドルの間。センサーは引き続き50MP。基本的にGFX 50S のX-Proバージョンになる。発表は7月か8月。
  • X-T3がフォトキナ2018で登場する。新型プロセッサーの採用。最大フレームレートは4Kで60fps(新型センサーが採用)
  • XF200mm F2の価格はレンズ単体で4900から5000ドル、テレコン付きで5800から6000ドルになる。新型のテレコンは1.4倍と2倍
  • 富士フイルムGFX 100Sがフォトキナ2019(5月8日から11日に開催)か、フォトキナ2020で登場する。このカメラは非常に高価だ。センサーはIMX461が使用される。

 

私たちは、にいくつかの更新を持っている私たちのタイムライン 今日のわれわれの情報源への感謝を。 富士フイルムX-T100 ザ・富士フイルムX-T100船6月中とX-E3 / T-T20のような富士フイルムX-A5とカメラ間の位置であることを意味します。我々は非常にすぐにこのカメラについての詳細を聞く必要があります。 富士フイルムGFX 50R 、我々はそれらを最初に漏れたため、富士フイルムGFX 50Rの詳細については、今厳重に保護されているが、我々は価格が、それは$ 4,300 $ 4,500人の間でハイエンドになる可能性が高いことで$ 4,000-4,500間に入る可能性があることを知っています。これは、以前に価格が間に$ 3,900から$ 4,300限り低くすることができると信じられていたが、私たちのリークがこれまでに事前にあったためスケールの経済が働いていない可能性があります。GFX 50Rはまた、右のフォトキナ2018の前に7月か8月に発表される可能性があります。 2018 富士フイルムX80は、おそらく原因不明の名称変更の開始日にXF10になります 多分ベイヤーセンサー 富士フイルムX-T100 Q1 15-45キットレンズ新しいXCが含まれます 配送6月 富士フイルムGFX 50Rフォトキナ2018(9月25日から9月30日まで) $ 4,000 $ 4,500人の間の価格 まだ50MPセンサー レンジファインダミディアムフォーマットミラーレスİntercangeableレンズカメラ お知らせや(1が明確ではありません)送料はフォトキナ2018になります GFX 50Sの基本的X-Proのバージョン 7月か8月に発表されました 富士フイルムX-T3フォトキナ2018(9月25日から9月30日まで) 新しいプロセッサ 最大フレームレート4K:60のFPS(電流センサは、このように新しいセンサーを行いカント) フジノンXF新しいTCがなく、$ 5800-6000と200メートルのF / 2 $ 4900から5000 新しいTCは1.4倍、および/または2.0倍になります 2019/2020 富士フイルムGFX 100Sフォトキナ2019(第11回に5月8日)2020 0R 非常に高価 我々はIMX461センサ、 最初に見つけた

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事