pixexid / Pixabay

加齢による肌の老化を避けるためには、日焼け対策をきちんとしておくことが大切になります。

日焼け対策をきちんとしていないと、紫外線がお肌を痛めつけてしまい、シミや肌のくすみ、シミ、たるみなどのお肌トラブルの原因になります。年間を通じて日焼け対策をしっかり行っておくことが、美肌のためになります。

かつては、メイクを施す前にファンデーションの下に日焼けクリームをつけるという手順が標準的なものでした。けれども、日焼け止めクリームをつけるだけでは、その日一日の日焼け対策としては十分な効果は得られません。

2~3時間おきに日焼け止めクリームをつけ直さなければ、一日じゅう紫外線から肌を守ることができないのです。日焼け止めクリームを塗り直すために、ファンデーションなどメイクを着け直さなければならないとあっては、相当な手間になります。

そんな女性の日焼け対策に、飲む日焼け止めが販売されるようになりました。日焼けによって肌でつくられるメラニン色素を減らすために、シダ類の植物から抽出される成分をサプリメントで補給することで、肌を白く保つというアンチエイジングがあります。

戸外に出る時は、1時間前を目安にサプリメントを飲んでおきます。そして、メイクをする時はファンデーションを塗る前に日焼け止めクリームをつけるというやり方です。

サプリメントで日焼け止めを飲むという選択肢が登場したことで、日焼け止めの効果はより期待できるものになりました。紫外線に負けないような肌をつくるために、サプリメントの摂取と、日焼けクリームでの肌ケアが重要です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事