ColiN00B / Pixabay

タウリンは、身体の疲労を回復する作用がある栄養成分として、サプリメントなどで取り入れる人も大勢います。

網膜や血液、心臓や肝臓では、タウリンが多く消費されています。アミノ酸であるタウリンは、体の中でも生成することができる成分です。血圧をコントロールしたり、肝臓機能を助けたりと、人間の体が機能するためにとても重要な役割を担っている栄養成分といえます。

 

ドリンク剤には、タウリンが摂取できることを前面に押し出しているものもありますが、タウリンの効果とはどんなものでしょう。

肝臓の機能を回復する作用があることが、タウリンが疲労解消にいいといわれている理由です。タウリンには肝臓から分泌される胆汁酸の分泌を活発にする働きがあり、血液中のコレステロールも排出も促すことができます。

お酒を飲むと、摂取したアルコールは肝臓で分解されて無害になり、アセトアルデヒドになります。お酒を飲む時、タウリンを体内に取り入れておくことでアルコールの分解反応が速やかに行われ、肝臓への負担も緩和することができます。

アルコールが分解されてつくられるアセトアルデヒドは二日酔いの原因になりますので、タウリンは二日酔い対策などに有効です。タウリンを多く含む食材を摂取したり、タウリンサプリメントを使うことで、体の中でつくっているタウリンだけでは足りない時に効果が発揮されます。タウリンを多く含む食べ物としては、魚介類やタコ、イカなどがあります。しかし、食事のみで毎日タウリンを補給することは困難です。その点、サプリメントを活用すれば、不足しているタウリンを誰でも簡単に摂取することができます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事