キヤノンのPowerShot G7 X Mark III 2018年年内発表予定のスペックに関する噂が掲載されています。
G7 X Mark III にDIGIC8が採用され、4K動画が追加されるようです。
センサーが新型の24MPに変更されている。
またG9についても来年早々に発表されるとみられています。
- 24.1MP 1インチCMOSセンサー
- 連写は10コマ/秒
- DIGIC8
- レンズは24-100mm F1.8-2.8(4.2倍の光学ズーム)
- 3インチ可動式タッチパネル
- 30fpsの4K動画
- 60fpsの1080p動画
- Wi-Fi、NFC、GPS搭載
- 発表は2018年中
- 4K動画のDPAFについては言及されていない

私たちは、私たちが見てきた最初のキヤノンのPowerShot G7 XマークIII仕様の内訳は何か送られてきました。私たちは、このカメラは、2018年にいくつかの時間を発表し、フォトキナはそれを行うには明白な時間であり、我々はそれが来るとき、それはだ確認できないと思っ見ることを期待しています。 キヤノンのPowerShot G7 XのMark III噂仕様: 24.1mp 1 "CMOSセンサー 10FPS DIGIC 8 24〜100ミリメートルF / 1.8-F / 2.8レンズ(4.2倍光学ズーム) 3「咬合のタッチスクリーン 30fpsので4K動画 60fpsので1080pビデオ Wi-Fi、NFC&GPSを内蔵 お知らせ:2018 4KビデオのためのDPAFについては言及しません。 あなたがいる場合、当社のバイヤーズガイドをチェックアウトするには、のPowerShot G3 XとのPowerShot G5 Xの両方が周りに長いのPowerShot G7 XマークIIよりもされていることがわかりますので、私たちは、これらの二つのモデルで何が起こっているかわかりません。私たちは、1つの「G」シリーズのカメラは、2018年に来ることが予定されていることを言われてきた、と我々は継続的のPowerShot G7 XマークIIは、交換を参照するには、次の「G」シリーズのカメラになるの提案を参照してください。 PowerShot G9 XのMark IIIはおそらくCPの+の初期の2019年先に来ます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事