Engin_Akyurt / Pixabay

美人に見える要素の一つとして、小顔であることが挙げられます。

顔の大きさはコントロールできるものではないので、小顔になれなかったら諦めるしかないと考えている人もいます。

骨組みによって顔の形には差が出ますが、人間の骨の形はおおよそ同じようなものですので、見た目だけで違いを感じるほどではありません。小顔の理由は骨格だけでなく、皮下脂肪が多くついているかや、顔がむくみやすいか、髪型はどうかなどで左右されるものです。

むくみ対策に有効な方法はいくつかあります。まず寝る前に水を飲み過ぎないことです。小顔づくりの大敵はむくみであり、顔にむくみがあるとどうしても小顔に近づくことはできません。

顔のリンパマッサージを施し、リンパ腺の流れをスムーズにすることで、顔に残っていた不要な水分を排出できます。皮膚のたるみだと思っていたものが、むくみの影響を受けていたということもあります。

顔のむくみがそれほどはないつもりでも、リンパマッサージで顔が引き締まったという経験がある人もいます。顔のリンパマッサージでは、リンパ腺の流れを良くするだけでなく、血流を改善することで皮下脂肪の燃焼を促進することも可能になるようです。

顔の中でも、特に顎や頬は皮下脂肪が蓄積しやすい部分です。フェイスマッサージを行う時には頬や顎の部分を特に注意して揉みほぐし、こわばりをほぐしていきましょう。

口の動きに気をつけて、めりはりのきいた動作を意識しながらア、イ、ウ、エ、オと発声することで、口の回りにある表情筋を鍛えるエクササイズができます。これらの小顔に効く方法を組み合わせて行うことで、小顔を手に入れることができます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事