stevepb / Pixabay

ダイエットをしている人の多くは食事制限を行って摂取カロリーを抑制するという方法を選択しているかと思います。

食事量を減らすことは比較的手軽に実践できることですので、多くの人がダイエットのためにとやっていることは頷けます。

しかし単に食事制限をすると常に食欲との闘いになってしまいストレスも増加します。ストレスの多いダイエット方法は、長く続ければ続けるだけ、ダイエットへのモチベーションも下がりがちになってしまいます。ダイエット直後にリバウンドが起きやすいのは、食欲を抑制していた分の反動が、食べ過ぎに現れやすいためです。

食欲をどのようにして抑制するかが、ダイエット成功の秘訣に繋がると考えている人はたくさんいます。そこで食欲をいかに抑制するかの方法が色々とネットにも紹介されています。

食欲を抑制するのではなく、低カロリーの食品をよく噛んで食べることで、食欲を満たしておくという方法もあります。例えばこんにゃくやしらたき、きのこ類などはたっぷり食べてもカロリーはゼロもしくは非常に低いので安心です。

これら低カロリーの食品は少し食べただけでもすぐにお腹いっぱいになるので、どか食いを抑制するのには十分な役割を果たしてくれるのです。食欲を抑制し、食事の摂取量を減らすと、一食分の満足感が小さくなります。そんな時は食事の際にまずダイエット用のスープや、キャベツの千切りを食べてお腹を満たし、それから食事を摂るといいでしょう。長期間にわたるダイエットをする時は、食欲を無理なく抑制できる方法を模索する必要があります。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事