Gellinger / Pixabay

肌に塗る日焼け止めは体の外側のケアですが、食事によって体の内側から日焼け対策するをする方法もあります。

多くの人が、日焼けどめクリームをつけることで紫外線対策を行っています。日焼け止め塗っている間は防いでくれるのですが、時間が経って日焼け止めが取れてしまうと肌を守ることはできません。

効果の高い日焼け止めは長持ちしますが、その分だけ肌への負担が増えるので、使い方に気を付ける必要があります。家の外で行動する日と、家からあまり出ない日とでは、それぞれ別の日焼け止めクリームを使うといいようです。海やプールなど水で濡れるようなら、ウォータープルーフの日焼け止めで対策をすることがおすすめです。

さらに、体の外側からの対策だけでなく、内側からも対策をするとより効果的です。ビタミンCは、肌を黒くするメラニン色素の生成を防ぐ効果があります。日焼けのメカニズムは、紫外線から肌を守るためにメラニンが生成されることなので、ビタミンCを摂取することで日焼けの予防効果が期待できます。

ビタミンCは食品から摂取できますが、水溶性であるため体内に貯蔵することができず、使われなかった分は尿と一緒に排泄されてしまいます。日焼けから肌を守るには、ビタミンCを含むものを日々摂取するよう心がけましょう。ビタミンCのサプリメントを利用すれば時間や場所を気にすることなく摂取できるので、日焼け対策をひとつの方法としておすすめです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事