tijanatix / Pixabay

短い期間で体重を落としたいからと、食事をぎりぎりまで切り詰めるような、体に悪いダイエットをしている人がいます。

リバウンドをしないようなダイエットをするためには、時間をかけて痩せるようにすべきでしょう。

短期間で大きく体重を減らしたいと思う場合には、食事制限によるダイエットをする人が少なくありません。短い期間でダイエットを終わらせたい場合は、運動は不向きです。そのため、食事を減らすダイエットをする人のほうが多くなりがちです。短期でのダイエットをしたい時は食事を減らす方法が手っ取り早いですが、筋力低下や、脂肪が減りにくい体になるという欠点もあります。

筋力が落ちて基礎代謝が下がったり、内臓機能も働きづらくなることで、余剰カロリーが多くなり、リバウンドが起きやすくなります。ダイエットを成功させるための努力よりも、一度減ってしまった基礎代謝を回復させる努力のほうが、大変だといいます。

ダイエットをしてもリバウンドが起きないようにするには、基礎代謝を下げないことです。基礎代謝が増えればリバウンドしにくい体になり、ある程度であれば食事量を増やしても太ることは無くなります。基礎代謝を上げておいても、人によってはリバウンドが起きることがありますが、リバウンド対策をしながらダイエットをすることは大事です。継続して続けていけばいずれは痩せるというスタンスで、気長に地道なダイエットをしていきましょう。少しずつ体重を落としていくようなダイエットなら、リバウンドが発生しづらくなるものです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事