cegoh / Pixabay

ローンにはいくつかの種類がありますが、事業資金を調達するための融資をビジネスローンといいます。

個人事業主の場合、ビジネスローンを生活に必要な資金にも当てることができることもあり、諸条件は金融機関により様々です。銀行系や、消費者金融系など、融資を取り扱っている金融機関はたくさんあります。

融資を受ける時には審査が必須ですが、事業資金の審査では、業歴を重視される傾向があります。

起業してから時間が経っていない場合は、経営が軌道に乗っていない可能性が高いと判断されて、審査では不利になるでしょう。ビジネスローンの申し込みをする時に大事なこととして、事業の計画表をしっかり作成することがあります。

事業資金として、高額の借り入れを必要としている時には、担保や保証人を用意して審査を円滑にするという方法もあります。他の金融機関から借り入れをしていたり、延滞履歴がある人は、融資を断られることがあります。

金融会社は、事業資金の融資を行う際に、決算書の審査を重視します。特に融資したお金を返済できる見込みがどのくらいあるか、審査の段階で判断します。事業を計画通りに進めることができるかどうか、計画どおりに進んだときに利益が確実に出るかなど、ビジネスローンの審査では資金の運営が大切です。代表者がどんな人物かも、事業資金の融資に当たって金融機関が注視する点となりますので、十分意識しましょう。審査の結果次第で、事業資金が借りられるかどうかが決まります。融資の申し込みをする時は入念に対策を講じておきましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事