naturalpastels / Pixabay

同じニキビでも、若者のニキビと、成人のニキビは理由が異なります。若いうちはホルモンの関係で皮脂分泌が増えやすく、そのせいでニキビが多くなります。

大人ニキビはストレスや角質化による毛穴詰まりが原因だとされており、どちらのタイプのニキビかによって摂取するサプリメントは少し違うようです。

若い頃にできるニキビは、ビタミンが不足している食生活が原因にあるケースや、身体に無理のかかるダイエットをしたせいで便秘気味になり、悪玉菌が増えてニキビができやすくなるなどの事例があります。

若いころのニキビは、食事バランスを見直してみて、不足している栄養成分を補給することで、ニキビ肌の改善が可能になるといいます。お肌を痛めないように注意をしながら、洗顔を正しく行うことは、何よりもニキビの対策として重要です。肌のニキビを減らすためには、まず肌の健康状態を改善することが大事です。

新しい肌をつくるための栄養素を食事やサプリメントで補給し、肌の清潔を維持するため洗顔を正しく行います。おすすめのサプリメントはビタミンBやCをバランスよく配合しているもので、ほかには腸内環境を改善する乳酸菌サプリメントも大変人気です。

 

成人してからできるニキビは、肌の新陳代謝が滞ることが原因の一つになっていますので、亜鉛や鉄分を補給しましょう。美肌成分が配合されているというサプリメントを使って、肌のコンディションを整えるという手段もあります。お肌の状態や、日頃の食事内容を確認し、ニキビができる理由がどこにあるかを突き止めることが重要です。自分の肌タイプやニキビの理由を把握した上で、数あるサプリメントの中から、有効なものを選びましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事