geralt / Pixabay

景気の上がり下がりを考える時には、為替の動きが密接に関わっているものです。

中でも、ドル/円の組み合わせは、経済の変化にダイレクトにかかわっています。日本経済は輸出に依存する部分が多いため、ドル円の為替動向で円高が続くと日本は、経済的なダメージが大きくなります。

そうならないように、日銀と日本政府は、様々な経済的なアプローチで相場に影響を与えています。数年前、ドル円が今までにない程の円高にふれた時期がありました。

外国に輸出をして利益をあげていた企業の中には、円高のせいで利益が得られず、苦戦したことがあります。ただ、円高が続くと輸入している商品の購入価格が安くなりますので、一部の商品が買いやすくなります。

日本の経済動向から見れば、輸出と輸入の利益幅が変わりすぎることは避けたいものです。その対策として、政府が着手したのが金融緩和であり、円安傾向が進み株価も徐々に上昇に向かいました。

 

政府が行った金融緩和によって、ドル円の為替相場を円安に向かいましたが、政府の為替への介入に批判的な意見もありました。ここ数年の円高から円安への大きな変動によって、一般の消費者にとっても為替は身近な存在になりました。政治の動きや、一般の小売価格まで、色々な事柄がドル円の為替相場の変わり方により、変わるようになってきています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事