キヤノンから動画性能を重視したカメラが発表されるようです。

動画性能が良くスチール機としても高性能というと、α7sⅢやGH5sのような機種に当たるのでしょうか。

これまでキヤノンはCinemaシリーズというものが存在していますが、別ラインで新しいカメラになるのでしょうか?

レンズはEFレンズを採用されているようなので、Lレンズで動画 これが安価に手に入るのであれば喜ばしいことですね。

我々は先にフォトキナのキヤノンからのカメラの新しいスタイルについての雑音を聞き続けます。 私たちは、過去にこれに触れ、私たちの受信トレイにそれを言及見るために続けています。問題は、私たちが知られているソースから話を聞いていないですが、私たちが言われているのは、我々は時間から時間に着くもののウィッシュリストタイプではないようです。 人々のカップルは、新しいカメラはビデオ志向であると述べているが、また、「できる静止画のシューター」こととEFマウントが付属しています。カメラは、技術的には「ミラーレス」カメラになりますが、それはEOS Mのラインナップの一部ではありません。 これは単なる可能性がEFマウントとXCスタイルのカメラ、またはそれが何か他のものである可能性があります。 それは情報を確認することになると2018は、これまで困難な年でしたが、私たちは知らない人から言われているものの多くは、すべて同じ方向を向いているようです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事