Couleur / Pixabay

車はなかなか高い買い物になりますので、その場で現金で払ってしまうのではなく、ローンを組んでいるという人は多いようです。

自家用車を購入するためにオートローンを使いたいけれど、審査に通らなかった場合を危惧してしまう方もいます。もしもオートローンの審査に通るための努力をするつもりがあるなら、まず何をするといいものでしょう。

クレジットカードを新たにつくる時や、金融会社のキャッシングを利用する時と同じように、オートローンでも審査があります。申し込みをした人に債務整理や長期延滞などがあり、個人信用情報に事故履歴がある間は、審査に通るのは難しくなります延滞や、返済不能の記録が信用情報会社には5年間は残ります。

自己破産をすると10年、記録が残ります。他の金融会社から融資を受けている状態で新規のローンの申し込みをすると、審査は不利になってしまいます。毎月の収入が安定していることは、収入が多いことより重要なことであり、パートやアルバイトのほうが不利です。アルバイトなど非正規の働き方をしている人は、キャッシングなら借りることができても、オートローンの借り入れが困難なことがあります。

具体的に、どんな審査基準で融資先を決めているのかは金融会社によって異なっていますが、勤続年数が短いと、審査で断られる可能性が高いと言われています。入社してから1年程度は勤続してから申し込みした方が良いでしょう。オートローンの審査を受ける時には、知っておいたほうがいいことがありますので、あらかじめ調べておきましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事