silviarita / Pixabay

アトピーはアレルギー疾患の一つであり、アレルギー症状は免疫機能に異常を起こした状態です。

アトピーには腸内環境の改善が効果が高いといいますが、その背景には、免疫機能の70%は腸の働きと関係しているということに由来します。乳酸菌には腸内環境を整える働きがあり、サプリメントとしても販売されており、人気の商品となっています。

乳酸菌が多い食品というとヨーグルトを思い浮かべるかもしれませんが、乳製品にアレルギーを持っているアトピーの方はヨーグルトを食べることができません。乳酸菌をサプリメントで得るなら、アレルギーに抵触する心配はありません。

乳酸菌をサプリメントで得ることで、アレルギー症状を回避できるだけでなく、少量のサプリメントで効率的に乳酸菌が補給できることがあります。乳酸菌にはいろいろな種類がありますが、アトピーの緩和が期待できる乳酸菌を配合したサプリメントもあります。

アトピー性皮膚炎の人が利用することを前提に、アレルギー性の物質を使わずに製造するサプリメントもあります。しかし、乳酸菌サプリメントは乳成分や大豆を含むことがあるので、必ず成分表を確認してから購入しましょう。成分表を見てもよく分からない場合は、メーカーに問い合わせをするとよいでしょう。

 

一度にたくさんの乳酸菌を摂ると、腸か反応しすぎて一時的にお腹が緩くなる可能性がありますので、最初は慎重に使いましょう。サプリメントで乳酸菌を摂取したいと思ったら、Webショップを利用したり、ドラッグストアで買い求めることができます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事