Alexas_Fotos / Pixabay

小顔になりたいという強い願いがあって、そのために努力をしている方は少なくないはずです。

しかし、さまざまな方法を試しても小顔になることができないという方はいるのではないでしょうか。

小顔になりたくて、色々な方法を実践している人には、認識しておいてほしいことがあります。骨の形状や、皮下脂肪の状態、むくみやすいかどうかで、顔の大きさは左右されています。骨を削る小顔法もありますが、リスクと費用がネックです。

小顔なるための方法として、自分でむくみや皮下脂肪をなくすというものがあります。むくみとは、不要な老廃物と水分がたまっている状態のことです。脚がむくんでパンパンになった経験を持つ方はいると思いますが、顔もむくむとパンパンになります。

むくみの場合は、あごの下から耳の下に向かって、そして耳の下から鎖骨に向かってマッサージをすることで、むくみ解消に役立ちます。むくみ対策には、ホットタオルも有効です。温かいタオルで皮膚を刺激すると血液の巡りが良くなって、老廃物が排出されやすくなります。

顔に皮下脂肪があることがサイズアップの原因なら、運動をして脂肪を燃やせば顔も小さくなります。ウォーキングやサイクリングなどの有酸素運動を続けることで、脂肪を消費することかできます。

 

顔に直接作用するマッサージをしながら有酸素運動を毎日継続することで、むくみや脂肪が減って小顔を手に入れることができるようになります。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事