ijmaki / Pixabay

転職活動を行う時には、新卒で就職してから3年以内の状態を第二新卒といいます。

一般的な転職者よりも若く、また新卒よりも基本的なビジネスマナーを有している事から、企業の採用意欲も高まる年齢層です。

転職をしたい第二新卒者が、自分の特徴として理解しておいたほうがいいことがあります。利点としては、まだ若い段階でなら、キャリアプランの見直しの余地があります。人生の方針を決定するまでにはまだ猶予がありますので、希望の仕事内容と違ったり、ほかにやりたいことが見つかった時は軌道修正が可能です。

社会に出て働いた経験があることで、新卒者の就職活動とは異なる観点で仕事探しやキャリアプランの構築が可能になり、納得のいく職探しができます。

 

第二新卒の弱点としては、まだ十分な経験を積んでいないことがあります。他の業界でステップアップしたい場合は、経験が少ないが故に評価を得にくく、選考に残れない事が多々あります。同じ業界で仕事をしたいと思っている人は、まずは新卒で採用された企業でスキルを磨くのもいい方法です。

 

転職活動では、短期間で仕事をやめてしまっていることが低く評価される可能性がありますので、退職理由はきちんと答えられるようにしましょう。以前と比較しても、転職することは一般的なことと受け入れられつつありますが、一つの会社が長く続かないことはマイナス評価にもなります。どんな転職活動をすれば第二新卒にとって有利な展開になるかは、自分自身の武器や、弱点を考慮に入れて、考えてることが大事です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事