089photoshootings / Pixabay

ダイエットをする時には、運動を続けるだけでなく、減量効果の高い食事をすることも考えなければなりません。

ダイエットに運動がいいのは、体を動かすことでカロリーをたくさん使うことだと思っている人もいますが、実際はそうではありません。

食事で摂取したカロリーを運動によって消費しようとした時の運動は、とてつもない程の量になってしまいます。例えばハンバーグ1個分のカロリーを消費するためには、プールで1時間休憩なしに猛スピードで泳ぎ続けて初めて消化されるとも言われています。

減量するためには、さらに多くの運動をしなければならないことは容易に想像できます。せっせと運動をしても、食事で得たカロリーを越えることが難しいなら、他のやり方をすることになります。

エネルギーを使うために運動をするのではなく、ダイエット効果が得やすい体をつくるために運動をすると考えましょう。身体機能を保つためや、臓器が正常に働くために、常に使っているカロリーを多くするために、基礎代謝を上げまするつまり、その時の体の基礎代謝の量によって、食事によって摂取したカロリーの消費量に差が出てくるのです。

 

このことから、蓄積されるカロリー量が少なければ、普段の運動だけで減量できるということになります。食事内容を見直して摂取カロリーを抑えることができれば、必然的に基礎代謝だけでカロリーを消化してくれるので、減量に繋がりやすくなります。減量効果を高めるためには、食事内容に注意を払って、消費するカロリーよりも過多の状態にならないようにすることです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事