flyerwerk / Pixabay

お金を必要としている時は、クレジットカードのクレジットカードを使うことで、手軽に融資が受けられます。買い物の代金を一時的に肩代わりしてもらえるクレジットカードは、お金が必要な時に借り入れができるキャッシングにも使えます。

決済に使えるカードとして、ショッピング枠のついたカードとしてクレジットカードは発行されます。クレジットカードを新たにつくる時に、キャッシング枠をつけるかどうかを決めて、手配をしておくという形式になります。

ショッピング枠のように自動的に付帯してくることは無いので、注意が必要です。クレジットカードにキャッシング枠をつけておきたい人は、クレジットカードを発行してもらう時にキャッシング枠がつくように事前に手続きをしておくことになります。

キャッシング枠を幾らに設定することができるかは、クレジットカードの審査結果などに応じて決定されます。借り入れ上限額を10万円くらいにするなら、クレジットカードの申し込み時にキャッシング枠をつけることは難しくありません。

クレジットカードの審査で、30万円以上のキャッシング枠がついている状態を希望すると、審査は厳しくなります。審査を受ける時は、他のキャッシング商品を利用しているかや、安定した収入を得ているかなどが根拠になります。

 

とりあえずキャッシング枠がほしいという場合は、少ない金額であれば審査に通る可能性が高くなるので、10万円程度の金額にしておく方が無難です。キャッシング枠を小口で確保し、繰り返し利用する中で期日前にきちんと返済をして、信用できる相手と判断されれば金額が見直されることもあります。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事