Canonは手持ち撮影での深度合成機能を開発しているようです。

深度合成といえば、三脚の使用が前提ですが、手持ちでの深度合成が使えるようになれば、選択肢が広がり便利になりますね。

キヤノンはカメラに焦点合成を詳述し、特許出願、および反復的なフォーカス手順の間に画像安定化の効果とそれらがどのようにフォーカススタッキングがどのように実行されるかの改善については行きたいをリリース。関心の彼らの面積は、焦点面があるため、手ぶれのあまりをシフトされ、そしてどのように彼らは高い手ブレの期間中に焦点をシフトの量を計算します。 現在までに、私の知識へのキヤノンのカメラは、それに内蔵されていない焦点合成しており、これが示唆する信頼できる手に開催された焦点スタック機能は、その見ているので、これは興味深いものになるだろうセンサー上で、AFを組み合わせたものです。 この特許はまた、再び取引やクワッドピクセルオートフォーカス形式を使用してセンサーを識別する。 米国特許出願20180124318

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事