3dman_eu / Pixabay

大抵の方は、金融会社のカードキャッシングを比較する時には、金利条件を最も優先しているようです。

確かに、金利が低いほうが返済が楽にはなりますが、その他にも理解しておきたいことがあります。金利のみでカードキャッシングを比較すると、利用し始めてから不便さに気づくということがあります。

カードキャッシングでは、金融会社が提携しているATMからの操作でお金の借り入れや返済を行いますが、カードの機能がキャッシング会社によって差がある場合があります。カードは借り入れ専用で、返済は指定した口座からの自動引き落としでしか行うことができないというキャッシングも存在するので、比較の際にはそういった点も踏まえて選びましょう。

希望に沿わない返済方法しかないカードキャッシングにすると、期日より前に返済をしたい時などに、手続きに手間がかかるということがあります。自動引き落としに設定していた場合、返済の期日になった時に口座に十分なお金が入っていないと、引き落としたい金額がないために返済が滞ることになるので、事前に口座に入金しておく必要が生じます。

カードキャッシングを比較する時には、借り入れや返済に対応しているATMが最寄りにあるかも確認しましょう。カードキャッシングを行うために、遠方のATMまで足を運ばなければいけないという状況では、逆に不便になってしまうことがあります。ATMの操作でキャッシングの手続きを行うと、手数料が必要になることがあります。

手数料も、使用回数が重なると結構な金額になります。近くに手数料の掛からないATMがあるのと無いのでは、長い期間利用すると結構な違いが出てしまいます。どの金融機関のカードキャッシングを利用すると使い勝手がいいかや、金利条件が良くなるかは、きちんと比較して決めるといいでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事