FotografieLink / Pixabay

転職して新しい仕事を探したいという人は多くなっていますが、転職する人の中には第二新卒の求人を探している人もいます。

どんな人を第二新卒というのか明確な決まりはあませんし、求人を出す企業の採用の仕方もまちまちです。第二新卒の一般的な言葉の定義としては、新卒で働き始めてから、3年が経過していない人です。学校を卒業すると同時に就職したけれども、思い描いていた仕事の内容と違っていたなどの理由で、転職を希望する人もいます。

ここ最近は景気が回復傾向にあることもあって、あらゆる業界で人手不足の傾向があり、有効求人倍率も高い状態にあります。新卒採用では働き手が不足していることから、第二新卒にも応募を出して、雇用枠を拡大したいという会社もあります。

企業が第二新卒を採用する利点としては、社会人になったことがあり、ビジネススキルのベースは持っているという前提でいられることです。会社サイドとしても、研修を組む時にビジネスマナー等は不要です。

第二新卒のネックは、かつで短期間で仕事を退職している経験がある人なので、同じ事の繰り返しになる懸念があることです。どうして以前の会社を退職するに至ったのか、きちんと理由を話せるようにしておけば、企業も安心するでしょう。

特に以前の職場を退職した理由については、面接時に誠実にかつポジティブに説明する必要があります。転職をすることで自分のどんな目的が果たせるのかを見極めておくことが、採用試験の場でうまく話せるようになる秘訣です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事