FotografieLink / Pixabay

現在は有効求人倍率が高く、人手不足を補いたい企業が多いことから、就職活動の絶好の機会といえるでしょう。

一時期、失業率が高まり、仕事がない人達がハローワークに連日押し掛けていた時代からすれば、隔日の感があるといえるでしょう。団塊の世代が大量に退職したこと、長引く不景気によりしばらく採用を制限していたことなどに起因しています。

新卒採用であればなおのこと求人倍率は高くなっており、よほどの理由がない限りは内定はとれるという状況にあります。何度も募集をしているのに、応募がなかなか来ないため、対応に頭を悩ませているような会社もあります。

かつては、もっと待遇を下げても人は集まってきたのに、今では相当な好待遇で求人を出さざるを得ない業種もあります。現在の状況なら、入りたい仕事を目指すことができるかもしれませんが、いつまでもこの状況でいられるわけではないようです。

 

景気は常に変化していますので、就職がしやすい時期があれば、就職が難しい時期もあります。たまたま今は様々な条件が重なって求人募集が活発化しているので、これが何年も続くと思い込まない方が無難です。仮に転職を考えているなら、今この機会をどう生かすべきか、じっくり考えた上で行動に移すといいでしょう。求人数が増加しているこのタイミングでなければ、行動に踏み切れないこともあるのではないでしょうか。もし就職活動をする意思があるなら、求人数の多い今この瞬間が、何よりの好機です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事