ptksgc / Pixabay

全身の筋肉をバランスよく使う水泳は、ダイエットにぴったりです。

人間の体は水の中で浮くようにできているので、水中の運動は関節や腰にかかる重みが緩和されるという利点があります。また、水の中の運動は陸上の運動より体じゅうの筋肉を使います。

水泳はダイエットに役立ちますが、適切なダイエットプランを立てなければ、せっかくの運動効果を高めることができません。ダイエット運動は毎日するものだと思っている人もいますが、水泳は運動量が大きいので、毎日しているとすぐにバテてしまうでしょう。

筋肉は、よく動かして鍛える時と、じっくり休ませて修復を促す時の、どちらも必要です。ダイエット目的で水泳をするなら、週3ペースで1時間ずつの運動で事足ります。

ダイエットのために水泳をするなら、長く続けられるようにすることが、成功のための秘訣です。時間を掛けて体質を改善しながら、太りにくい体を作る事に向いているため、効果が実感できる前に個人差はあるものの半年程度はかかると言われています。

 

有酸素運動では、身体は常に新しい酸素を消費しながら運動に必要なエネルギーをつくりますが、無酸素運動は呼吸をせずに運動をします。効率的にダイエットをするためには、体脂肪の燃焼を活発にするために、有酸素運動になる泳ぎをするといいでしょう。身体が使うカロリー量は、泳ぎの種類によっても異なります。

最もカロリーを多く使う泳法がバタフライで、以後、平泳ぎ、背泳ぎ、クロールなどです。ですが、水の中でウォーキングをすることは、陸上でのウォーキングよりも使うカロリーは大きくなります。

 

行動を開始しなければダイエットにはなりませんし、続けていれば少しずつ効果は上がるので、無理なくできる範囲で始めましょう。また水泳ダイエットではカロリーを多く消費し、筋肉の増強が重要になるため食事はなるべく筋肉の付きやすいものを多く摂取することが大切です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事