キヤノン 「200mm F2」「400mm F2.8」「800mm F5.6」の3本の望遠レンズの特許が紹介されています。

 

3本のレンズは、DOレンズ(回折光学素子)を使ったもので、フレアの発生を抑えることが出来るそうです。

 

キヤノンは、彼らはDO技術上で動作するように続けていることを示す、いくつかのDOの望遠レンズの特許出願をリリースしました。 以下のレンズは、DO要素を使用する場合、フレアの発生を低減することを意味する、この特許に記載されています。 800 / 5.6 400 2.8 200 / 2.0 もちろん、任意の特許出願で、キヤノンは、またはアプリケーションを使用することを決定しない場合があります。しかし、レンズの特許は、キヤノンが見ているかについては良い兆候で運びます。 米国特許出願20180120582

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事