お菓子の贈答品にはたまに不思議な呼び名のお菓子があったりしませんか?

「これなに語?」って思って思わずお菓子も手に取りたくなることってあるのではないかと思います。
東京の自由が丘で生まれた亀屋万年堂の洋菓子ナボナも不思議で可愛らしい商品名が付いています。

 

ナボナは昭和33年生まれ

今年で55才だそうです。

そんなナボナはロングセラー商品であり、知らない人はいないかもというくらいナボナのお菓子は口にする方も多いはずです。

イタリアのメレンゲを使用しふわふわに泡立てたクリームを使用、そしてソフトカステラとの相性も抜群で口の中でホワッと優しく口の中でカステラの甘みが広がります。
単なる甘みのあるお菓子ではなく、味にもこだわりが!なんとチーズとパインという異例の組み合わせ!
期間限定商品ももちろんありますが、定番の味がチーズとパインに2種類というのも珍しく新発見です。
チーズの風味は一度味わうとまた食べたい!という気持ちを掻き立てられ、軽やかな食感も嬉しく「愛されて半世紀」というサブタイトルがつくほどチーズクリームのナボナは人々に愛されています。
パインクリームもそれに匹敵するくらいの美味しさで、タイ産のパインを使い食べると果肉の甘酸っぱさを感じ柑橘系の果物の中でもナボナではこれまた定番商品へと復活しました。

これもお客様の声を常に大切にしてきた亀屋万年堂の思いを形にした一押しのスイーツでしょう!

他にも期間限定のいちごクリーム&いちごジャム、メロンクリーム&メロンジャムなどもお試しにどうぞ!

 

CMも有名

お菓子のホームラン王ナボナ!

王貞治さんのCMでもおなじみですね。

通販もやっていますので是非覗いてみてはいかがですか!

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事