ステラおばさんのクッキーといえば嫌いな人はいないはず!

 

どこのクッキーよりもバターがたっぷり入っているように感じられ、食べ応えのあるザクザクした食感と少し歪でてづくり感が満載のクッキー、そしてクッキーの大きさに満足感を得る人が多いです。

ステラおばさんは実在する人物で、もともとは幼稚園の先生だそうです。

1908年ダッチカントリーで生まれで88歳までの生涯の間に何回も子供達のためにクッキーやケーキを作り愛情こもった日お菓子を作り続け愛されてきました。

そして日本では1982年の時にお菓子を紹介し有名になりました。

お手頃価格であの美味しさを味わえるのだから甘い物好きにはついつい足が向いてしまうのでしょうね!

贈答品としてはクッキーの詰め合わせがギフトで販売され、可愛いボックスの中に100種類もあるクッキーの中から特に人気の高い「チョコチップクッキー」や「アーモンドチョコチップ」などが詰め合わされ専門店ならではのクッキーの種類に圧倒されます。

季節に合わせて楽しめるクッキーもあり、じっくり焼き上げたオリジナル焼き菓子はお手土産にうってつけではないでしょうか!?

クッキーは職人さんの手作業で行われ、小麦粉は独自のブレンドで作られた生地を作り、バターは包み込むように生地に優しく成型して作られていくのです。

ステラおばさんの愛情は何十年たっても変わらず美味しいクッキーはこれからも喜ばれることでしょう。

美味しい!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事