Counselling / Pixabay

ゴールデンウィーク明けに出るのが五月病

特に新生活を迎えた方は用心してください。

五月病になりやすい人、身を守るための対策、改善方法をご紹介します

五月病になりやすい人

五月病はほとんどの場合、一過性の心身の不調なので、1~2カ月で自然と環境に慣れ、症状が良くなるとされています。一般に「若者の通過儀礼のようなものだから放っておけば治る」と言われているのはある意味正解です。

しかし、五月病をもし、風邪のようにこじらせてしまった場合、気がついた時には深刻な状態になっているということもあり得ます。

五月病になりやすい人には、「まじめな人」「責任感がある人」「忍耐力がある人」「融通が利かない人」「ロマンチストな人」があげられます。

そもそも不真面目で責任感もなく、忍耐力もない人は季節も問わずいつでものんびりとしているはずです。なりやすい人の特徴にある人ほど、ストレスを多く溜め込みがちになってしまうということが予想されています。

また、ロマンチストというのは、つまり、理想が高い人ということになります。

高すぎる理想は大きな失望や挫折を経験し五月病になりやすいと考えられます。

このなりやすい人に当てはまるな?と感じた人は、あらかじめ予防が必要になってきますね。すでに五月病になってしまっている人の対策にも、予防と対処法は効果があります。

五月病の予防・対策方法としては、「コミュニケーション」「食事」「睡眠」「リラックス」の4つがあります。

この予防法を知っておくだけで五月病を軽くしたり、ならなくしたりと自分自身で体調管理を行うことができます。

五月病になりやすい人は、ぜひ、自分自身のストレスをうまく発散できたらと思います。

 

 

五月病から自分の身を守るためにも対策が必要

・完璧主義をやめる

何事にも一生懸命なのはとてもいいことですが、「完璧にしなくては」という気持ちは自分の思っている以上に心の負担となります。

・体を動かしてリフレッシュ

ジョギングやウォーキング、水泳などの有酸素運動は、脳内のセロトニンの働きが活発になり、憂うつな気持ちも吹き飛ばしてくれます。

・読書などの趣味に打ち込む

自分の好きなことをすることでストレスがやわらぎます。

 

気分転換をしながら、あまり抱え込まずに生活することをおすすめします。

 

五月病と食事

 

五月病の対策のカギとなるのは「セロトニン」です。

セロトニンとは、神経伝達物質のことで、精神を安定させる作用をもっています。セロトニンが不足すると気分が落ち込んだり、不眠になるなどして、うつ病等につながるともいわれています。五月病を解消するカギはセロトニンにあり、この脳内物質を分泌しやすくするためにも食事に気を配ることが必要です。

食事のコツには

(1)必要な栄養素を含む食材を知る

セロトニンに必要な栄養素を摂るには、トリプトファン(肉や魚、大豆製品、牛乳など良質なたんぱく質をたくさん含むもの)、ビタミンB6(青魚、鶏肉、バナナ、サツマイモ、パプリカ、かぼちゃ、アボカド、ナッツ)、炭水化物(ご飯やパン)などの食材を多く食べるべきだと言われています。

(2)決して無理をせず、できる範囲でバランスよく

「一汁三菜」のようなバランスの良い食事が理想ですが、形にこだわりすぎず、できる範囲でバランスの良い食事を心がけることが大切です。

 

五月病を改善しよう

改善に必要なのは、適度な運動です。

体を動かしてストレス発散する方法ですが、ここに注意点があります。

それは、適度な運動っというのが、人によって全然違ってくるということです。体を活発に動かして気持ちいい人もいれば、逆に体中が筋肉痛になる人もいます。

そこで、自分に適した運動を行う必要があります。

それが、「無酸素運動」と「有酸素運動」です。簡単に言うと、筋トレや激しいスポーツが無酸素運動、ウォーキングやヨガ、ラジオ体操が有酸素運動ということになります。

まず、身近に行える有酸素運動ですが

  • 階段を昇り降りする
  • 近所を散歩する
  • 寝る前にストレッチをする

 

など、何かに時間を割く必要がなく、普段の生活にプラスするだけでいいのです。また、ほとんどの人は運動不足なため、有酸素運動を継続することをおすすめします。酸素を体中に届けて体の不調を改善しましょう。

有酸素運動が物足りないと感じ始めてきたときは、無酸素運動の出番です。

有酸素運動から、より激しい運動である無酸素運動にシフトするというのが理想的なやり方です。

自分の日ごろの生活を思い出してみて下さい。思っている以上に運動ができていないのではないでしょうか?

運動して体を動かすことは五月病にもとって良いことです。運動ができるということは気分もすっきりしている証拠です。意識して身近なものに取り入れてみて下さい。

 

心地の良い風と、美味しい食事で気分をすっきりしたいですね

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事