ニコンがTVインタビューの中で2019年春に新型ハイエンドミラーレスカメラを発売することを認めたようです。

 

1)エントリーレベルのフルサイズミラーレスを発表する
2)新マウントの採用は明らかで、既存のFマウントレンズはマウントアダプター使用で完全なAFの互換性がある
3)新型の像面位相差AF付きの30+αMPのセンサーが採用される

 

日本のテレビネットワークNHKニコンとのインタビューでは、彼らの新しいハイエンドミラーレスシステムカメラ(s)は春2019年に市場に出回るだろうことを確認しました。 可能なスペックについての信頼性の高い噂はまだありません。しかし、私たちの最高の推測では、この次のとおりです。 1)ニコンはFFミラーレス最初のエントリレベルを発表する それは明らかに新しいマウントを有し、新しいニコンアダプタと既存のFマウントレンズと完全にAF互換性があります)2 これはPDAFで新しい30+メガピクセルセンサを有することになる)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事