DariuszSankowski / Pixabay

高校生の塾の選び方といっても、学生の状況がそれぞれあるので、その状況に合った塾のタイプを選ばないとメリットは少ないと言えます。
逆に言うとそれほど塾の選び方は重要であるということなのです。

まず自分が何のために塾に行きたいのかをはっきりいさせましょう。
塾に行くのは大きく3タイプ
学校の勉強をしっかり高めたい
学校の勉強+大学受験
大学受験に集中

学校の成績があまり良くないという場合は、学校の勉強をしっかりフォローする必要があります。
その上で受験をしたいのか、特に受験は考えてないのかによって、塾の選び方は変わってきます。

まず学校の成績だけなら補習型の塾でOKです。
またプラス受験も考えているなら総合型の塾がおすすめです。
そして学校の授業はほとんどできている学生や、なんとかついていけるという学生で受験を中心に勉強したいなら進学型がいいでしょう。
特に補習型は中小塾に多く、受験型や総合型は大手塾などに多い傾向があります。
大手塾には、中小塾があり、その中には集団指導型と個別指導型があります。
特に大手塾は集団指導型の1クラスの人数も相当多いタイプもあります。
個別指導型は大手塾にも中小塾にも別コースとして用意されているところが多いようです。

基礎をしっかり勉強したいという場合や集団指導型にはついていけないという学生、もっと専門的に深めていきたい学生などには個別指導型がおすすめです。
学生の今の状況に合った塾を選ぶには、いろいろなタイプから自分にぴったりの塾を選びましょう。
スタディーアプリもおすすめです。

資格試験で有名なフォーサイトの大学受験対策講座はこちら

なぜ今まで成績が上がらなかったのか?
その理由をご存じですか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事