富士フイルムの超広角ズーム「XF8-16mm F2.8」に関する噂が掲載されています。

最近は、メーカー各社が次々に新しいコーティング技術を導入していますが、富士フイルムも新しいコーティングを導入するようですね。素晴らし絵を期待したいところです

 

フジノンXF 8〜16ミリメートルF2.8 新しいソースによると、フジノンXF 8〜16ミリメートルF2.8 WRは新しい改良フレアコントロールを持っています。 私はそれはおそらく同じ新しい「使用されます推測する、反射防止膜、我々はで見つける」XF 200ミリメートルF2を、それが将来のフジノンXFレンズの大半で標準となります。 私たちは、過去にすでにXF8-16のいくつかのモックアップを見ることができました。私は再びここにあなたのためにそれらを共有します: フジノンXF 8-16mmF2.8、XF 200mmF2とフジノンGF 250ミリメートルF4の最初のイメージ フジノンXF 8〜16ミリメートルF2.8(X-T2の上に取り付けられている)とフジノンGF 250ミリメートル写真をF4ハンズ フジノンXF 8-16mmF2.8対。XF 16mmF1.4サイズ比較+ GF写真を250ミリメートルハンズ フジノンXF 8-16上の最重要指名手配フジノンレンズであるFR-読者のリスト『を行うことを』。そして、すべて私たちが正式富士フイルムから知っているが、それが今年からになるということです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事