KIMDAEJEUNG / Pixabay

明日会社に行きたくない」

「明日は学校を休もうかな」

五月病とは、新人社員や大学の新入生や社会人に見られる新しい環境に適応できないことに起因する精神的な症状のことです。

新年度の四月には、入学や就職、異動、1人暮らしなど新しい環境への期待があり、やる気に満ち溢れた時期です。

しかし、その環境に適応できないでいると、人によってはうつ病に似た症状がしばしば5月のゴールデンウィーク明けごろから起こることが多いため、この名前がついたと言われています。よく、「さつきびょう」という人もいますが、それは誤読です。

五月病は、医学的な診断名としては、「適応障害」または「うつ病」と診断されます。

適応障害、うつ病というともの凄く重篤に感じる方もいらっしゃいますが、耳を背けたりしないようにしてくださいね。

誰にでもそういう時ってありますから!

五月病の発症にいたる例としては、今春に生活環境が大きく変化した者のなかで、新しい環境や環境に適応できないままゴールデンウィークに入ってしまう、ゴールデンウィーク中の疲れが一気に噴き出してしまう、長い休みの影響で学校や職場への行く気を削ぐなどの原因から、ゴールデンウィーク明けくらいから理由不明確な身体や心の不調に陥るといったものです。

五月病の主な症状としては、抑うつ、無気力、不安感、焦りなどが特徴的な症状です。主に不眠、疲労感、食欲不振、やる気が出ない、人とのかかわりが億劫など感じる人が多いようです。

社会人においては、ストレス発散になるからとアルコールに頼りすぎてしまうのは危険です。摂食障害や急性アルコール中毒などを引き起こしてしまうので注意が必要です。

うまくストレスを発散できるようにして過ごしましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事