ツイストフェース効果とYトラックを無くし寛容性をアップ

 

テーラーメイドの新テクノロジー「ツイストフェース」「ハンマーヘッド」を搭載。進化した高い寛容性と、さらなる飛距離性能が両立されたM4ドライバー。・ゴルファーの打点傾向から生み出された「ツイストフェース」で弾道のバラつきを低減し、「飛距離」「直進性」を高いレベルで実現。・フェースの反発力を向上させるソール前部の「ハンマーヘッド」デザインが、初速アップ、スイートエリア拡大に貢献。・ソールの「ジオコースティックデザイン」が打音・打感を適切に調整、ソール後方に設置されたウエイトにより寛容性が向上。・「三菱ケミカル」と共同開発した「FUBUKI TM5シャフト」を標準装備したほか、カスタムシャフトもラインアップ。兄弟モデルは、ソール側にYトラックを搭載し弾道をチューニングできるヘッド体積460ccの「M3 460」と、ヘッド体積を440ccにして操作性を高めた「M3 440」がある。

 

発売日 2018/02/16
価格 70,200円 税込最新価格をチェックする
ユーザ評価 4.3点(64件)最新レビューをチェックする

 

試打レビュー

  • 金谷多一郎のクラブ一刀両断

クリアな打音とオートマチック高弾道

今回は「テーラーメイド M4 ドライバー」を試打してみたいと思います。 クラウンのデザインは前回試打した「M3 ドライバー」と同様、シルバー…動画レビューはこちらから

高コスパなアスリート向け

今までの「M」シリーズ史上、一番オートマチックな性格のクラブです。ヘッドが大きく見えて安心感もあり、重心も深くなって、見た目にもスライスや低…

 

良くも悪くも右にまっすぐ

打感:柔らかい 見た目:「M3 ドライバー」とほぼ同じ。前作「M2 ドライバー」と投影面積は変わっていないが色の変化あり。個人的には前作のほ…

 

許容度と初速に重点

テーラーメイド M4/M4 Dタイプ 総評 テーラーメイドのラインアップで最も複雑でないドライバーではあるが、多くのゴルファーにとって本当に…

 

2018/03/13マーク金井の試打インプレッション

打点がぶれても曲がらない

PGAツアーの2018年初戦では、ドライバーの圧倒的な飛距離と正確性を武器にダスティン・ジョンソンが優勝した。その際彼が使っていた「テーラー…
2018/02/28新製品レポート

M3よりオートマチックな性能

左へのミスを軽減しつつ、まっすぐ飛ばしやすい 【ミーやん】 「M4 ドライバー」は、「M2 ドライバー」の後継となるモデルです。「M3 ドラ…

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事