キヤノンPowerShot G7 X Mark IIが海外の量販店ではコンピューターシステム上でディスコン扱い(生産終了)表示されているそうです。

現行のG7 X Mark II は2016年2月に発表されており、登場から2年以上経っているので、後継機が近日中に登場するのは不思議ではありませんね。

初代G7 X は520日でMark II にモデルチェンジしたそうです。

markⅢに期待ですね。

私たちは今、二つの異なる小売業者が自分のコンピュータ・システムに廃止としてのPowerShot G7 XマークIIがリストされていることを言っていることを、二つの異なる人から聞きました。 現在のP owerShot G7 XマークIIは、2016年2月17日に発表されたので、交換がすぐに来ることができることを意味します。カメラは今も過去2歳。元のPowerShot G7 Xは、のPowerShot G7 XマークIIの発表前に、520日間続きました。 我々は可能性のPowerShot G7 XのMark IIIに関するその他の漏洩や情報を見ていないが、我々は、少なくとも1台のGシリーズのPowerShotカメラは2018年に来ていたと言われています。 私たちは、のPowerShot G7 Xシリーズは、カメラのリフレッシュ「G」シリーズの最高販売しているいくつかの小売業者が言われてきました。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事