EOS C300のMark II、EOS C200 / C200B、EOS C700 / C700 PL / C700 GS PL、およびXF400 / 405カメラ用のファームウェアアップデート詳細を発表しています。

キヤノンUSAが明らかにしたもので、日本での発表は3月29日現在まだです。

以下、キヤノンUSAより

EOS C300マークII / C300マークII PL v.1.1.1.1.00

  • タッチパネルの感度調整
  • レンズのメタデータ情報(XF-AVC)
  • オートアイリスのサポートは、以下のレンズに追加されました。
    • EF-S 35mm判F / 2.8マクロSTM IS
    • EF-85ミリメートルのF / 1.4LはUSM IS

 

EOS C200 / EOS C200Bのv.1.0.3.1.00

  • MXF(XF-AVC)のサポート
  • プログレッシブセグメント化されたフレームのサポート
  • 倍率のサポート(4倍速録音)
  • シネマRAWライトで24ビットLPCMオーディオのサポート
  • デジタルテレコンバーター(1.5倍、3.0倍、6.0X)
  • HLG(ハイブリッドログインガンマ)のサポート(出力のみ)
  • レンズのメタデータ情報(XF-AVC)
  • タッチパネルの感度調整
  • オートアイリスのサポートは、以下のレンズに追加されました。
    • EF-S 35mm判F / 2.8マクロSTM IS
    • EF 85ミリメートルF / 1.4LはUSM IS
  • 以下のレンズの周辺光量と色収差を補正:
    • EF 70〜300ミリメートルF / 4から5.6 IS II USM
    • EF 16〜35ミリメートルF / 2.8L III USM
    • EF-S 18〜55ミリメートルF / 4から5.6には、STM IS
    • EF-S 35mm判F / 2.8マクロSTM IS
    • EF 85ミリメートルF / 1.4LはUSM IS
  • 機能強化
    • ガンマ設定は通常1〜4であるときに明るい領域における画像再現性が強化されました。
    • ブラウザのリモート設定オプションは、カメラのスイッチを切った後も保持されるように、メニューの操作を強化。

 

XF405 / XF400 v.1.0.1.0.00

  • MXF(XF-AVC)のサポート
  • フリッカーリダクション

 

EOS C700 / EOS C700 PL / EOS C700 PL GSののv.1.0.5.1.00

  • スーパー16ミリメートル(2Kトリミング)撮影モードを追加し
  • RAWレコーダー電圧インジケータ
  • レンズのメタデータ情報(XF-AVC)
  • メタデータ(C700 GS PLのモデル区別メタデータが追加されました)
  • 保存した設定は、修正します

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事