キヤノンは「フルラインアップ戦略」を実施する。

その戦略は市場での需要のすべてを満たす意味を表しています。

フルラインアップ戦略に基づき、当社は今後[ミッドレンジおよびハイエンドミラーレス市場を]取り組むことになります。

DPREVIEW掲載のインタビューに答えています。

キヤノンは、あなたのラインナップにハイエンドミラーレス製品を追加することがどのように重要なのですか?

キヤノンでは、私たちは「フルラインアップ戦略」と呼ばれるものを持っています。これは、我々は、市場での需要のすべてを満たすためにしたいので、私たちは、ミラーレスEOSと階層を作る組み合わせもデジタル一眼レフを持っていることを意味します。私たちは、ボード全体で顧客の要求を満たすために、ギャップを埋めるためにしたいです。

大量販売がどこにあることだから新しいM50は、エントリーレベルのモデルです。当社は、この市場で自分自身を確立し、[そこから]前方に移動したいです。フルラインアップ戦略に基づき、当社は今後[ミッドレンジおよびハイエンドミラーレス市場を]取り組むことになります。

 

2020年東京オリンピックが来ている - 私たちは2年後に東京のキヤノンで撮影するカメラマンを見たとき、私たちは何を参照するのだろうか?

東京オリンピックは私たちにとって非常に重要な機会です。私たちはプロのカメラ市場を見れば、私たちはその時点でプロのモデルを紹介したいと思います。我々は非常に真剣に信頼性を取る、と述べました。我々はオリンピックのためのモデルを[作成]について話すときに、私たちはパフォーマンスについて話していません。我々はまた、我々は、我々は常に[私たちのプロのデジタル一眼レフカメラに]お届けしました信頼性の同じレベルを達成できることを確認するにしています。

 

あなたの意見では、エントリーレベルのカメラのための最も重要な品質は何ですか?

我々は常にスピード、使いやすさ、および最大解像度を探しています。我々はまた、我々はスマートフォンよりも優れた画像品質を提供することができますどのように考えています。だから、については本当にスピード、使いやすさと画質に焦点を当てています。小さなサイズと重量も同様に[計算]、およびGUIになります。

5Dクラスのようなハイエンドアマチュアに向けたカメラに向けたエントリーレベルのクラスを超えてみると、これらの顧客は、より良い画質を必要とする、と彼らはまた、操作をより細かく制御をしたいです。彼らは展開し、彼らの創造性を表現したいです。信頼性も戦場に出ます。

 

あなたは4Kビデオは、市場のエントリーレベルの終わり、または愛好家/プロセグメントにおいてより重要な機能だと思いますか?

私たちは、4K映像は、すべての市場セグメント、およびすべてのユーザーのために重要であると考えています。私たちは製品の範囲を持っていることを考えると、私たちは常に最高のカメラのそのクラスに[4K実装する]方法を考える必要があります。そして、あなたは、エントリーレベルのモデルに比べてよりハイエンドカメラで4K映像をより行うことができます。

何故ですか?

カメラへの[4Kなどの機能]を紹介するために必要な費用は、我々は[異なるクラスの製品で]を導入できる機能の種類を決定します。4Kは、すべての市場セグメントに提供することが重要であり、M50に、私たちは25 fpsで4Kを達成した、そしてそれは、我々はこの時点で行うことができます最善です。我々はハイエンドモデルにできると[エントリーレベルのカメラに]すべての機能を導入することはできません。もう一つのポイントは、デバイスの面で4K映像の消費量は、4K映像を表示することである - 市場におけるこれらのデバイスの普及、及びその採用は、我々が予想より少し速かったです。

 

 

キヤノンファンとしては、SONYに溝を空けられた分野での巻き返しに期待しています。だって、キヤノンには最高のレンズラインアップがあるじゃないですか!キヤノンの画が私は好きですよ。

フルサイズミラーレスのマウントが何になるのかも注目ですね。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事